変化その1:巨大なネットワークの構築

巨大なネットワークが築かれると、提供可能な広告枠が大幅に拡大し、日本中の広告枠ネットワークへの広告配信が可能になります。

変化その2:RTBの実現

RTB(リアルタイム入札)によって、月間700億インプレッション以上の広告枠の中から、広告キャンペーンに必要なインプレッションを自動的に買い付けることができます。

RTB(Real Time Bidding:リアルタイム入札)とは

RTBは、バナー広告の1インプレッションに対してリアルタイムにオークションを行う仕組みです。
1インプレッションに対して、多数の掲載希望者が都度入札を行い、最も高い入札者がインプレッションを勝ち取ります。RTBの普及により、広告枠はインプレッションごとに「だれが閲覧しているか」を考慮した上で取引されます。インプレッション単位で広告枠を売買することで、広告主は必要なインプレッションを効率よく買い付けし、メディアは広告収益向上の可能性を広げることができます

RTBインフラについて

RTBでは、各インプレッション発生時に掲載希望者入札金額の計算、競争入札、配信する広告の決定までを0.1秒以内に処理できる強固なシステムインフラが必要なります。そのため、RTBインフラの整備は広告配信システムに経験がある限られた事業者でなければ不可能と言われています。これまでアドネットワーク事業者として膨大な量のデータを高速処理してきたマイクロアドには、システムインフラを構築する技術力とチューニングノウハウがあります。毎日23億件を超える広告インプレッションの配信欲求を、もれなく入札することが可能です。

変化その3:思い込みマーケティングからの脱却

従来のマーケティングでは広告の内容や目的に合わせてターゲットを想定し、ターゲットが接触するであろう媒体に対して広告出稿を行ってきました。しかし、消費者の価値観が多様化した今、マーケターによるターゲット像の設定は本当に正しいのでしょうか?マイクロアドは広告主サイトの実際の訪問者を分析することで、広告を出稿するべきターゲットを選出し、ターゲットとするべきユーザーに対してのみ広告を配信できます。マイクロアドのデータドリブンなマーケティングが、今までの思い込みのマーケティングでは得られなかった高い広告効果を実現します。

  • 参考資料ダウンロード
  • お申込み|資料請求・セミナー・トライアル・デモ

ページの先頭に戻る

ピックアップメニュー
今なぜ、広告のプラットフォームなのか?
広告プラットフォームがもたらす大きな変化
MicroAd BLADE のターゲット抽出方法
MicroAd COMPASSの収益最大化
日本最大級のアドネットワーク
データマイニングチーム「マイクロアド京都研究所」
用語集