マイクロアドの広告プラットフォーム

今なぜ広告プラットフォームなのか?

メディアは広告枠を少しでも高く売りたいと考え、一方の広告主は少しでも安く出したいと考えます。メディアが価格決定を主導すると、広告枠単価が高く設定され、売れ残りによる値引き販売が行われる傾向にあります。広告主側は、値引きを当然のことと受け止め、適正な価格がわかりにくい構造になっていました。一方、余剰広告枠を埋めてくれるアドネットワーク主導で単価を決めることにすると、メディアは期待する広告単価を得られないというリスクにさらされます。
メディアと広告主の相克。それが、これまでのインターネット広告市場の姿でした。
マイクロアドの広告プラットフォームは、この課題を解決できる唯一のソリューションです。広告主は最適な価格で効率良く広告を配信できるようになり、メディアは広告流通量の増加によって広告枠を適正な価格で売り切ることができます。
広告主と広告枠を提供するメディアがどちらもメリットを得られる広告プラットフォームが、広告の価値を向上させ、広告流通量を増加させます。

アドエクスチェンジ市場の概要

広告プラットフォームがもたらす大きな変化

マイクロアドが提供する広告プラットフォームは、これまでの考え方を抜本的に見直さなければならないほど、さまざまな付加価値をプラットフォーム参加者に提供することができます。

マイクロアドの広告プラットフォーム

マイクロアドはディスプレイ広告に新しい価値を生み出します。

MicroAd BLADEMicroAd BLADE「広告主からみた広告プラットフォーム」
DSP(Demand-Side Platform)
  • 精度の高いターゲティングロジック
  • CPA最適化
  • RTB(Real Time Bidding)
MicroAd COMPASSMicroAd COMPASS「メディアからみた広告プラットフォーム」
SSP(Supply-Side Platform)
  • フルフラットオークションによる収益最大化
  • 豊富な広告管理機能
  • マルチデバイスに完全対応

マイクロアドの将来像

広告主のプラットフォームとしてのDSP、メディア向けのプラットフォームとしてのSSPは、マイクロアドが展望する構想の一部にすぎません。マイクロアドが目指すプラットフォームは、広告取引やクリエイティブ、サイト内解析等、インターネット広告に関連するあらゆる技術とサービスをシームレスに利用可能にするものです。将来は、インターネット広告にとどまらず、あらゆるデジタル広告のプラットフォームを提供したいと考えています。たとえば、自動販売機や冷蔵庫がインターネットに接続されていれば、それは価値の高いメディアになるでしょう。
マイクロアドは、より多くの企業に利用してもらえるような利便性を備えたプラットフォームを提供します。初めて利用する企業にとってもやさしい仕組みで、裾野の広いサービスを提供します。ITの進化により、さまざまなものがコモディティ化して低コストに利用できるようになりました。しかしながら、インターネット広告は、圧倒的にイノベーションが足りない分野です。
マイクロアドは、最高の広告プラットフォームを提供することで、だれもが手軽にマーケティングをできる世界を目指していきます。

  • 参考資料ダウンロード
  • お申込み|資料請求・セミナー・トライアル・デモ

ページの先頭に戻る

ピックアップメニュー
今なぜ、広告のプラットフォームなのか?
広告プラットフォームがもたらす大きな変化
MicroAd BLADE のターゲット抽出方法
MicroAd COMPASSの収益最大化
日本最大級のアドネットワーク
データマイニングチーム「マイクロアド京都研究所」
用語集