拠点

海外展開

マイクロアドは設立当初から海外のインターネット市場に積極的に参入しています。現在までにシステム開発事業、広告代理事業、広告配信事業等で中国、香港、台湾、インドネシア、シンガポール、ベトナム、インド、フィリピン、韓国、タイで新しい市場の開拓に挑戦し、着実に成果を出しています。今後も積極的な海外事業展開を進め、世界のインターネット広告市場の発展に貢献していきます。

中国 MicroAd China, Inc.
総経理 森 勇気

マイクロアドチャイナの立ち上げ

中国事業に関しては私が赴任する前から既に2008年に中国の瀋陽に開発拠点を設立し、翌年2009年には中国の大手インターネット企業と事業提携を通じて広告の配信を行っていました。当時、私は大阪支社の立ち上げを行っており、日本から遠隔で中国に対して色々やっているなと思ってはいましたが詳細までは把握していませんでした。

そんな中、大阪支社が徐々に立ち上がってきたこともあり、次のチャレンジを無意識に模索している自分がいました。そこで社長が大阪出張の際に直談判をして現地法人マイクロアドチャイナの立ち上げを行うことになりました。

しかし、赴任したのはいいですが最初は本当に何もありませんでした。(笑)会社の登記、オフィス探し、社員採用等、海外ということもあり想定外のことばかりでしたがなんとか本社と連携しながらひとつひとつクリアしていきました。当時は言語の問題等もあり、かなり大変でしたが今思うと本当にいい経験ができたと思っていますし、どんな環境でもなんとかなるという自分に対しての自信も付きました。

3つの事業を軸に展開

マイクロアドチャイナは大きく3つの事業を軸に展開をしています。

  1. 自社商品のアドエクスチェンジ事業、アドプラットフォーム事業
  2. スマートフォン(モバイル)広告事業
  3. 1,2に付随する広告代理事業

中国インターネット広告市場規模は大きいですが、弊社は参入時期としては後発です。そのため、この市場に食い込んで生き残っていくためには、弊社独自の自社商品を軸としたサービス提供が必須であり、日本と同様に自社開発商品を中国でも展開しています。
現在は日系企業との取引が多いですが、今後は現地企業に対しても自社商品を軸として取引社数を増やしていく予定です。また、スマートフォン広告市場はポテンシャルが高く今の段階から着手しクライアントのニーズに対応できるよう専門部署を作り、スマートフォン広告代理店事業(モバイル広告代理店事業)を通じてクライアントを成功へと導くサービス提供を目指しています。

広告代理事業に関しては上記で述べた事業に付随する形でクライアントの幅広いニーズに対してワンストップで対応できるようインターネットプロモーションの企画からクリエイティブ制作・運用・効果測定まで提供しています。

世界のマーケットを見据えて

マイクロアド社として見据えているのは世界のマーケットであり、事業規模はアジアを中心にグローバルに広がると考えています。中国は今後のグローバル展開を目指していく上で楔の拠点であると思っています。この市場で勝ち残っていくためには日本同様、自社商品を軸にした事業展開です。マイクロアドのテクノロジーは、他社とは異なりすべて自社開発によるオリジナル。その独自技術を基にした商品を活かして中国市場のマーケティングや広告業界全体を代表する企業を目指します。

また、弊社では人材採用には特に力を入れています。国は違っても意識の高い人材が増えることで会社として競争力が強くなり変化にも対応ができると考えています。人材の質が高い組織を構築していくことが結果的に成功へ繋がると思っており今後も人材採用には妥協せず全力を尽くしていきたいと考えています。そして、なるべく早い段階で中国現地スタッフと日本との人材の流動化を積極的に進めていき、その次のフェーズでは中国で採用した人材が日本やほかの国でも活躍しているような状態にしていきたいと考えています。

インドネシア PT MicroAd Indonesia
COO 榎原 良樹

スピード感ある立ち上げ

2011年3月に当社代表 渡辺がジャカルタ視察を行い、インドネシアの経済成長と共に、今後インターネットビジネスが急速に広がっていく予感を感じ取ったのが進出のきっかけです。

インドネシア進出への最終意思決定、現地パートナーの選定及び契約締結(マイクロアドインドネシアは現地企業との合弁会社として設立)、会社設立までを3月の初訪問からわずか約3ヶ月で実施し、6月末にはジャカルタにオフィスを設けて事業をスタートさせました。チャンスがあると判断したら即実行する、まさにベンチャー企業ならではのスピード感のある立ち上げでした。

最近インドネシアでは海外からの進出を含めてインターネットビジネスへの参入企業が増えていますが、まさに市場が立ち上がるというベストなタイミングで進出できたことは今後の事業展開において大きなプラスになると感じています。

急激に拡大するインドネシア広告市場

インドネシアの現在のインターネット広告市場は、日本の90年代後半〜00年前後の市場環境と似通っており、市場規模も日本の約1/100程度と想定され、まだまだこれからという状況です。しかし、インドネシアの国民一人当たりGDPは3,000ドルを超え、国全体が消費社会へと大きく変貌を遂げている中で、今後、インターネット広告市場は急激に拡大すると予想されます。当社はこのような市場環境に合わせて、アドプラットフォーム事業、広告配信事業、広告代理事業と多岐に渡ったビジネスを展開しています。会社設立から10ヶ月目の現在(2012年4月時点)、社員数22名(インターン含む)、既に単月黒字化を果たす等順調に事業拡大しており今後が楽しみな状況です。

トップクラスの会社に育てる

現在の取引先(クライアント)は日系、インドネシア、グローバル企業と偏りなく幅広い取引をしています。今後もこの流れをさらに強めて、マイクロアドインドネシアは日本のマイクロアドの子会社ではありますが現地のインターネット企業の中でもトップクラスの会社に育てていきたいと思っています。そのためには現地の市場環境に合わせた事業戦略と人事制度を含めた組織作りが重要です。日本で培ったノウハウを上手く用いながらも日本のモノサシや業界慣習に捉われない大胆な事業展開、人種が違っても共に喜び合えるチームワークで、社員一丸となって楽しみながら一歩ずつvisionに向かって進んでいくそんなマイクロアドインドネシアを作っていきます!

ページの先頭に戻る

Awarded
2013 Red Herring Global Top100Award2013 Red Herring Asia Top 100 AwardIAIR Asian Award 2013IBM Business Partner Award 2014 Beacon Finalist
ピックアップメニュー
今なぜ、広告のプラットフォームなのか?
広告プラットフォームがもたらす大きな変化
MicroAd BLADE のターゲット抽出方法
MicroAd COMPASSの収益最大化
日本最大級のアドネットワーク
データマイニングチーム「マイクロアド京都研究所」
用語集